--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年08月26日 (土) | Edit |
という訳でELLEGARDENです。SUM41New Found gloryみたいな感じの音楽ですよ。
"Salamander"ってタイトルは、ストレイテナーの"Gargoyle"と対になってたりして。
エモコアってジャンルは技巧をこらすより勢いで乗り切っちゃう音楽なんですよね。

楽曲の構成は洋楽の組み立て方です。メロからサビに行く際に野暮ったい転調がない。
歌謡曲テイストが加わると一旦転調でペース落としてからサビを盛り上げるんですが。
それでも冒頭で挙げたバンドサウンドに比べるとウェットな感じがするんですけどね。

ギタリストのメインがES-335ってのがいいじゃないですか。好きなんですよセミホロウ。
馬力のあるハムバッカーでマホガニーボディを鳴らす。うんいいですねゴリゴリ感がね。
シングルコイルでアルダーボディを鳴らすフュージョン的な音とは違うけど好きですよ。

高校生がコピーするのに人気らしいですね。そういやピッタリだよなぁと改めて思う。
派手なソロとかに小節を裂く楽曲ではないし、弾いてて楽しいと思うもんこういうのは。
一生懸命弾くなり叩くなりして、充実感の得られる音楽が一番楽しいもんね、コピーは。

問題はVoが英語発音出来るかどうかって点だけですね。サウンドは真似できるだろうし。
弾いてみて初めて、アンサンブルのグルーヴが予想以上に難しいことに気付くんだろね。
てな訳で、この楽曲は優秀な教材として使えるであろうことが判りました。いいですよ。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。