--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年07月28日 (土) | Edit |
和太鼓の生演奏を聴く機会があったのです。うーんなんでしょう…。
太鼓で論文書いた手前、ちょっとくらいは聞きかじってる訳ですよ。
やはり和太鼓音楽は出音だけでは成立しないよねってのが感想です。

複式太鼓の本領は、その分厚い音圧にあると思うのですよ。
変にサスティンしないから同じ太鼓を重ねても濁らないし。
太鼓の音域なんて知れてるし、混ぜても割とバラつかない。

そーすっと演奏として他の集団と差異を設けるには、リズムしかない訳です。
ハイハットを基本に他のドラムがシンコペーションしたり元に戻ったり。
…どんどんプログレッシブになると聞き手は判んないですよねー。

まー叩いてた集団にはそこまでひねくれる腕はなかったんですけどね。
音楽としての技巧を極めると、結局はそういう方向性へ向かうのか。
こりゃ現代音楽の世界だよねってのが論文でも述べた部分だったりして。

だから、聞き手は普段耳にしない音圧に驚いて喝采を送ればいいんだと思うのですよ。
そーしないと訳の判んない音楽に戸惑うことになりますからね。程々でいいんですよ。
やっぱダンス等のパフォーマンス込みの大衆芸能なんですよね。

じゃあお前叩いてみろって?嫌ですよ暑いし。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。