--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年06月29日 (日) | Edit |
久々にギターから作曲してみようと思ったのです。しかも詞先ですよ。
ふとした瞬間に思ったこと感じたことを書き留めたら詞になったのです。
じゃあこれにメロディを乗せたらいいじゃない。何年ぶりかなぁこれは。

普段ピアノでは使うBメジャーですけど、ギターでは余り使いません。
B♭やBマイナーとして使うことが多いですね。それが結構イイ感じに。
壮大なストリングスアレンジが湧いてきて、いい曲になる予感がします。

ここでふと思ったのが、イイ曲はメロディで決まるのかアレンジで決まるのか。
無論作曲と編曲だと前者にプライオリティが置かれるのが普通なんですけどね。
せっかく作るんだから、メロディも大事だけどアレンジを聴いて欲しいとも思うし。

逆にそれが音楽をひらべったくしてるのかもなーと思わなくも無い。
何でここを聴かせたいのに、音が埋もれてるんだろう…みたいな。
足らない音を足すのは簡単ですが、足した音を抑えるのは難しい。

音楽って難しいなーとギターをポロポロ弾きながらしみじみ思うのです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。