--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年07月22日 (日) | Edit |
久々に本屋へ行ったのでサンレコなんぞを立ち読みしてみる。ほーぅ…。
レイ・ハラカミのチープな制作環境や小西康陽に妙な親近感を憶えたり。
皆が一様にクアッドコアのPCでポスプロまでやってる訳じゃないよなと。

ある記事が目に留まる。ほうロジャー・ニコルズとな。知らなかったよ。
ドナルド・フェイゲンって誰だっけ…とアルバムジャケットみて気付く。
あー。スティーリー・ダンの人だ。ロジャーさんはそのエンジニアさん。

たまーに聴きたくなってMP3庫から引っ張り出したりするんですけどね。
へーぇ大阪でセミナーやってんだ。ちょっと気になるじゃないですかぁ。
…ふぅん。日本人のアルバムも手掛けてるんだ。どんな音楽ですかね?

…見て噴出しそうになりましたが、恋:古内東子て。持ってるじゃん!
高校のときに買ってました。持ってるアルバムの中でもベストな一枚。
他人に薦めても共感してもらえないこともありましたが…なるほどな。

あれはロジャー・サウンドだったのですね?何だか妙に納得しました。
AOR好きというより、ロジャー好きだったと言い換えてもしっくりです。
おぉぉ…急に神様が一人増えました。こういう音作りも出来たらいいな。


…そーいや古内東子のアルバムどこ行ったっけ?妹のトコだっけ…?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。