--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月12日 (土) | Edit |
あぁレスポールが弾きたい。もうフロイドローズなんて大嫌いですよ…。
弦を交換して、ネックと弦高調整を幾度繰り返しても納得行きませんし。
やはりブリッジはリジッドに限るな。そしてレスポールが欲しい訳です。

…そういえば持ってたな。高校生の時に小遣いで買ったエピフォンだけど。
幾度もスタンドから落下した挙句ペグの取っ手を粉砕したという代物です。
3~5弦ペグが素手では回せないので面倒臭くてIbanezと交代したんですよ。

シリアル見ると98年製造。おぉ10thアニバーサリ。よく見ると劣化してる。
一時クオリティが劇的に落ちた韓国製ではないんですが、塗装とかがなー。
本家Gibsonとはこういう点で落ちるんでしょうね。Orvilleと迷いましたが。

久々に弦を張り替える。うん…すごく面倒臭い。ペグの芯をペンチで回すのが。
何回回すんだ…これがフロートブリッジだったらと思うとぞっとしないですね。
ちょい弦高が高い感じがします。調整…ネックも若干反ってるかも知れません。

レギュラーゲージを張ったのにテンションが低いんですね。これがレスポール。
ペグ配置が2列になってて、ストラトみたく細い弦ほどテンションが高くない。
これは意外と違和感がありますね。久々に手にしたもんで尚更変な感じですよ。

あー、でも一番手に馴染みますねぇ。調整を終えて試奏してみると思いの外良い。
でも最初のギターはストラトだったんですよ。2本目がエレアコで3本目がコレ。
んで最強のテレキャス改。形はともかくフロントにハムバッカーだけは譲れない。

やっぱりバネで釣ってあるブリッジってのが基本的に苦手なのかも知れませんね。
アーミングが出来なきゃ、そんなプレイしなければいいじゃないのって話ですよ。
人間は無いなら無いなりに創意工夫をして成長していくものなのですよ。多分。


じゃー何でIbanezなんて買ったのよ。すいません素直にそれが欲しかったんです。
スポンサーサイト
テーマ:楽器
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。