FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月01日 (土) | Edit |
なにやらflyさんがベースを買い替えると言う。ふむふむそうですか。
ドラムも習いギターもベースもウクレレも弾くマルチな人ですからね。
これで何故曲を書かないのか不思議ですが、こちらも負けてられません。

ドラムを練習し始めたんですが、それだけじゃ飽き足らないのが人の業。
新たな楽器を鳴らして、見聞を広めたいと思ってもいいじゃないですか。
という訳で、前から購入リストランクをじわじわアップしてる楽器とは。

そう、シンセサイザですね。もっと具体的にいうと、ピアノ音源メインの。
色んな音が欲しいっていうより、しっかりした鍵盤を叩きたいっていう。
だってキーボードなら既に持ってますからね。それとは違うタッチを所望。

でも高いんです。シンセの上位機種になりますから、ハイエンドなものに。
タッチだけなら電子ピアノでも構わない。それならそんなにしませんが。
ふむ。やはり実際に触ってみないことには選べないよな。こういうのは。

そもそも。最近の電子ピアノのタッチはどんなもんか知らないのです。
以前だとメーカー色もありますが、割とスカスカと軽い感じだったよな。
今は各社から色んな価格帯の商品が出ているので、何とかなるかも。

つーことで電器店へ。低価格帯の商品を試しに弾いてみる。…ほう。
悪くない。力を入れなくても大きい音が出るのには萎えるけれども。
キーのダンパはともかく、最初に押し込んだ感じは以前と雲泥の差。

予想以上にしょぼい別売ペダルの出来には閉口ですが、悪くないですよ。
ただ、これが1番重要だと思われる点が致命的に欠落してるんですよね。
それは、弾いててあんまり楽しくないってこと。楽器って名前なのに。

元々楽器メーカーではないトコなんですが、電子ピアノなら参入出来ます。
でも音以外の基本的な部分で専業メーカーには敵わないものがこれです。
譜面をなぞることは出来ても、演奏者の気持ちを上げてくれないんです。

新しい楽器を買うときって、マンネリした自分を変える為だったりします。
新しい風を呼び込んだり、モチベーションを高めたりするんですよ。
だから常に新しい楽器が生まれては淘汰されるのは必然な訳なのです。

値段は手頃。出音も悪くない。でも楽器じゃない。これでは買えません。
ハイエンドなシンセだと、これでどんなことが出来るかと湧いてくるんです。
演奏する人間があたかも上手くなったような気持ちを抱かせてくれたり。

ただ、そういう楽器はやはり高い訳ですよ。それが相応の価値ですからね。
そして技術は日進月歩。中古で入手した際には陳腐化してたりとかね。
中にはビンテージと称されるものもありますが、求めるものはそこじゃない。

やはりお金を貯めて、いいものを買うべきなんでしょうね。本当はね。
それでも掘り出し物がないかと探し回るのが楽しかったりするんですよ。
おーこれでいいんじゃね?と思ったら衝動買いしてしまうような…ね。

結局安物買いの銭失いに終わることばかり、ともいいますけどねー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。