--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年05月07日 (水) | Edit |
久々の更新です。制作中の新曲に関しては近々アップする予定なので後日に。
曲作ったりスタジオ入ったりと割と音楽に触れっぱなしの感がある連休でした。
改めて確認したのは、テレキャスター最高ってことと生ピアノは良いってこと。

Ibanezが調整不足ってこともあったんですが、やっぱテレキャスの太さが良いなと。
確かにノイジーなんですが、アンプに通したときの抜けの良さが際立ったのですよ。
あと、フロートのブリッジには馴染めない。リジッドでブレない強さが好きですね。

flyさん宅のピアノを勝手に弾く。うん、楽器はやはりボディ全体が響かないとな。
正直なところ、鍵盤のタッチや出る音色がどうこうって話ではないんですよねー。
ポーンっと鳴らしたときに、身体に伝わる振動が重要なんだなぁと思った訳です。

電子ピアノ商談会を覗く。確かに音は出せるんだけど座るイスが用意されてない。
ペダルのタッチや鍵盤の感触などは各社工夫をこらしてるんだけど、もうひとつ。
ひとつポロンと弾いたときに、次のメロディが湧いてこないような出音なんです。

考えると昔出た当時に弾いたYAMAHA S80がすげーなと思ったのはそれだったのかも。
パワードスピーカじゃなくて、アンプにFOSTEXのRSだかNS-10だかが接続されてて。
自分が上手くなった気がしたんですよね。あれはタッチじゃなくて出音の違いかぁ。

つーことで商談会場のピアノは全てフルテンだったんですが音が聴こえないんです。
ポロンと弾いたときに訴えるものがなかったのはその所為だったんだと思いますよ。
RolandのPHA鍵盤はよかったですしね。音はflyさん曰くkawaiがベストだったそうな。


楽器はやっぱり出音で選ばないといけないってことですね。いや基本なんですけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。