--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月20日 (金) | Edit |
雑多な街には色んなカラーが溢れてますが、音楽はどうなんだろうと思う訳ですよ。
台北市内は人も乗り物も一緒くたになって大きくうねっている生命体みたいな街です。
当然色んな音で充たされてるはずなんですが、何故か旋律が流れてこないんですよね。

街頭で音楽を垂れ流してる店が少ないからか、北京語の歌に余り触れなかったんです。
ようやく出会えたと思ったら日本の演歌みたいな浪花節な音楽だったりするんですよね。
あとは洋楽だったり、R&Bだったりして音楽的には見るべきものがなかったですねー。

楽器屋とかあればちょっと覗いてみたいとか思ったんですが、一軒くらいしかなかったり。
路上ミュージシャンも居なかったし、アイドルグループはあってもアマチュアは居ない。
ただカラオケは好きみたいで、歌声は地方で一回だけ聞こえたんですが、やはり演歌調。


まだ日本の方がそういう門戸が広いんですかね。少なくとも楽器屋は多いもんなー…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。