FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月02日 (木) | Edit |
最近本業の方がめっきり忙しくなって、音楽がおざなりです。
仕事を目一杯朝から夜までやって、帰宅したら寝るだけって。
何が定時に終わる生活だ。仕事するために生きてんじゃないぞ。

出来れば息抜きの合間に人生やりたいと思うくらいなのです。
好きなものを好きなだけやりたい。したくないものはさない。
人間の本質って結局こーなんでしょね。それ人間じゃないってか。

人間の面倒臭いところは、自発的にやることが揺らぐってこと。
外堀を埋められて仕方なくやった仕事の方が評価が高いんです。
で、次第に麻痺しちゃうんですよ。仕方ないが目的になるのが。

僕が僕で在り続けたいってのは尾崎豊的モラトリアムなのかな。
衝動に抗わずに自己を増長させて社会不適合になったりして。
でもそれが間違ってるとも、あながち思えないんですよね。

退路を塞がれ、がむしゃらに働く中で思考停止の後、周りに流される。
所帯を持って子を育て、気付けばリタイヤの年代に差し掛かる訳だ。
それぞれの瞬間に充足し、成長するんだろうけど、いいんだろうか。

それでもいいと思える境地に至るほど、自分に満足出来るのか。
今の僕では、今のままでは納得出来ないことに気付いてしまった。
だからこうやって音楽を作ってる。適合したふりを続けながら。


VOCALOIDの気持ちで作詞したら、超乙女ティックルネサンスなものに。
これは自分で新しい試みなんじゃねと?自画自賛した後で気付く。
…これでええんかいなと。もやもやの原因を考えたら上記の文に。


わかってます。自分はサラリーマンに向かない性格だってこと。
肉体も精神も欠陥だらけで、まともな生活なんて望めないことも。
だったら、納得いくカタチで人生終えるためにはどうするのか。


やっぱり音楽しかねーんだよな。無から有を創造出来ることといえば。
だからこんなに恥ずかしい歌詞だって、すぐに音源化できちゃいます。
そんな僕は真の意味での大人にはなれそうもないと思うもん。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。